茶の湯徒然

木具師 橋村萬象

 

DSCN2477.JPG
8月日(金)~日(日) 
      木具師三代 橋 村 萬 象襲名記念茶会と作品 展
                   金沢美術倶楽部にて開催致します

橋村家は平安遷都のおり、奈良より皇室の共をして京都に移住し、以降 橋村又左衛門の名で名字帯刀を許され、数十代にわたり御所禁裏御用の「有職木具師」として幕末まで皇室のご用を賜っていました。 東京遷都以後も木具師として京都に残り、大徳寺管長より一刀萬象(ばんしょう)の名を拝受してのち萬象を名乗り、現在三代目として継承された品格と技術を伝えながら後世に残る仕事を続けています。