茶の湯徒然

茶道教室>透木へと・・・。

DSCN5146.JPG
  鎖や釣釜の諸道具を片付けて、裏甲釜うらこうがまを出しました。以前はこの時節には通常の透木釜を使用していましたが、最近では裏甲釜に羽根を付けて透木釜として使用しています。
 
 裏甲釜とは?やきなべをひっくり返して、底に穴を空け釜の口として、更に底の部分を別に作って取り付けて釜としたものだと言われています。
 
 上の写真は五徳に乗せて使用している裏甲釜で、下の写真は釜の横に羽根を取り付けて透木釜として使用した姿です。 蓋も上では唐銅の盛蓋を付けて、下では共蓋を使用しています。
 同じ釜ですが、透木釜として使用している方が随分と侘びて見えませんでしょうか
 
 
DSCN5147.JPG 
透木釜の時節が過ぎるといよいよ風炉の季節です。
春から初夏へと装いも新たになっていきます。