茶の湯徒然

土風炉の制作に力を入れていた訳は

_DSC0404.JPG image1.jpg

 千家流の式正(正式)な風炉は土風炉です。その為に表千家では土風炉には正式な灰形として《鱗灰》をする事が約束となっています。ただ、鱗灰はよくよく灰と灰形に慣れた方で無いと容易にはできません。で、いきおい表千家の方々は土風炉を避けて、唐銅風炉や切合せ風炉を求める方が多くなります。しかしながら、正式な風炉である土風炉を一つはお持ち頂きたいと考えます。

 さて、裏千家の方はと申しますと、真のお点前で使用する以外は鱗灰はせず、様々な灰形が出来ますしいつでも使用が出来ます。歴代のお家元様にも僅かに唐銅風炉の好み物がありますが、正式には土風炉を使用するのが習いです。お家元様でも好物と切合風炉以外は土風炉しかお使いになられませんので、裏千家の方は先ずは土風炉を持たれれば間違いがありません。

 正式な風炉であるのにお稽古などで土風炉を使用されている方が少ないのには訳があります。まず、油煙風炉とも呼ばれる利休時代からも使われていた土風炉が高価である事。地元の土風炉師でもあります山崎宗元氏の作品はとても品が良く素敵な風炉ばかりですが、通常 七十万円~百万円前後の価格です。九州の伊藤征隆氏の土風炉でも一尺一寸の通常の品は小売価格で三十万円以上はしています。小売店さんからお求めになられた場合は実際には若干の値引きがあると思いますが、それでもお稽古に使用するには少々お高めかもしれません。また、それらの土風炉は低温で焼かれるために、趣きはあるのですが柔らかてく欠け易いという点もありお稽古使いには気を使います。

 お稽古用の安価な土風炉に素焼きの土風炉に合成漆を塗ったものもあります。しかし、炭火の熱でどうしても漆の部分が剥離してきます。私も以前は漆塗りの土風炉も稽古で使用してみましたが、痛みがあまりにひどく買換えを何度か繰り返した事があります。

 数年前より、懇意にしている窯元の方に土風炉制作を依頼していました。高温で仕上げる為に、歪みます・切れます・ムラも出ます…なかなか思い通りの作が仕上がってきません。今年に入りようやく見えてきました…これならいける…色・艶・形・強度…そして価格も何とか抑えて。

  仕上がりました crying 自信作!・・・と言っても、私はうるさく口出しばかりでしたので、窯元の方には感謝いたしております。