茶の湯徒然

京都・嵐山での茶会

DSCN2246.JPG
 私の茶の湯の師匠の御祝いの茶会が、京都嵐山の料亭熊彦(くまひこ)で二日に掛けてありました。 お客様は社中や孫弟子などの身内だけでしたが、500名が参加されました。
 男性は濃茶席の手伝いで、自身は一日目は水屋に徹し、二日目は点前や半東を務めさせて頂きました。
 
 写真は濃茶席の点前座で名品揃いです。使われた茶碗ですが、歴代家元の手造り茶碗の他は 一入・宗入・長入~ と全て銘の付いた本楽が九碗で、何れの茶碗を取り上げても茶会において主茶碗として耐え得る名碗ばかり・・・。 参加されたお客様も大変お喜びでした。